スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高回転率台判別法(たらひ式)

今回の記事は、釘なんてわかんないよって方にも役に立つと思うので、

ぜひ参考にしてみてくださいね♪



この記事は、パチンコで勝つためには高い回転率(千円辺りの回転数が高い)の

台を打つことを基本として書いているので、ハマリ台狙い等の方法論とはまったく

違う内容となっています。

そういった記事を期待して読んでいる方のご期待には添えませんのでご了承下さい。



最近、パチンコ店の釘は、一律調整になっている事が一般的となってきています。


その中で優秀台を見つけることは、大変難しく、釘読みに自信がある人でも

簡単にはいきません。


その結果として、何台も試しうちをしたり、優秀台にたどりつけなかったり、

時間や金額的ロスが非常に大きくなりがちです…。


また、イベント時には釘を見れる時間がほとんどない事も少なくないために、

一台目に優秀台をつかめる確率も低くなります。


そこで、新台やリニューアルもしくは、朝一から稼働の良い店で開店、

新台解放後、1時間程度は島全体のデジタルの回転数を意識して見て下さい。


なぜかと言うと、パチンコのデジタル消化時間は、基本的に高回転率の台あれば

あるほど消化が早くなるため、同じ時間稼動した台を比べるとデジタル回数が多くなるからです。


これは、一般的なパチンコの機種の場合には保留3、保留4時にデジタルの消化が

早くなる+リーチ確率が低下する事に起因します。


以上の事から、一般的に同時間稼働した台を比べると高回転率の台の方がデジタルが

多く回る確率が高くなります(打ち方による時間効率という問題もありますが・・・)。


言い換えると、千円辺りの回転数が高い台(優秀台)ほどデジタルが多く回っている

可能性が高くなります




たとえば、1時間ほど稼動した台を3台比べると、

A台、22回転ベース→デジタル回転数 185回

B台、18回転ベース→デジタル回転数 168回

C台、25回転ベース→デジタル回転数 211回

というように、高回転率の台の方がデジタルの回転数は多くなります。


この高回転率台判別法は、途中で大当たりを引いている台は含めることができない

ことが欠点ではありますが、それでも十分に役に立つと思いますよ♪



もちろん、相対的にみてでの話になるので、島全体の釘が良くない場合は

優秀台とは呼べないほどの回転率しかない可能性がありますが・・・。

しかし、闇雲に台移動を繰り返すよりも遥かに優秀台に辿り着ける可能性があがります。

今まで意識したことがないという方は、ぜひ、デジタルの回転数をみて台選びしてみてくださいね。


この記事について、みなさんの意見等を募集しています。

何か思うところがあれば、気軽にコメントしてくださいね。




また、こう言った記事を書いてほしいという方は下のランキングクリックで応援してくださいね。

クリックしてくれると、書くモチベーションが上がります。


↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
2009年度収支一覧
詳細は月別収支でどうぞ♪
2009年度収支一覧
1月 +620,915円
2月 +376,811円
3月 +963,260円
4月 +3,565,900円
5月 +804,550円
6月 +183,603円
7月 +534,849円
8月 +175,193円
9月 +681,163円
10月+744,562円
11月       0円
12月+367,886円

累計収支
+9,018,692円
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ
リンク
リンクフリーです。お気軽にどうぞ。リンクして戴ける場合は、ご報告していただけたらうれしいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

たらひ1

Author:たらひ1
スロプロ暦10年、パチプロ暦2年のたらひ1と申します。日々、ホールで感じたことや雑記、収支等を書いていこうと思います。応援よろしく、お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。